代表理事 齋藤 勁
1945年、横浜市に生まれる。
中学卒業後、横浜市役所に勤務しながら
横浜商業高等学校定時制卒業、

神奈川大学第二法学部卒業。
その後、
●横浜市議会議員 (1987年〜1995年)
●参 議 院 議 員 (1995年〜2005年)
●衆 議 院 議 員 (2009年〜2012年)
  内閣官房副長官 (2011年〜2012年)
●法政大学大学院
       客員教授(2013年〜2016年)

勁草塾


NEW!

■講演会開催予定
 2017/12/21(木) 午後6時30分〜 ワークピア横浜
   仮題『2018年の展望を語る』 日本総研会長 寺島 実郎

■講演会開催予定
 2017/10/27(金) 午後6時30分〜 ワークピア横浜
   仮題『頼り合える社会をつくろう』 慶應義塾大学教授 井出 英策

■2017/09/08 第15回文庫カフェのご案内
 テーマ:仮題 「ハワイにおける日系移民の歴史」
 ゲストスピーカー:佐々木 豊成氏 (元内閣官房副長官補付内閣審議官兼TPP政府対策本部 国内調整総括官)
 暑中お見舞い申し上げます。前回第14回は、ゲストスピーカーに、ハワイ日米協会理事の浅沼 正和氏をお招きし、「ハワイにおける日系移民の歴史」と題しお話いただきました。移民を受け入れた当時のハワイ、日本側の事情・戦争と日系人・日系米人の活躍など述べられた後に、活発な質疑が交わされました。

 さて、次回(8月は休み)の内容を下記にてお知らせいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。なお、次々回は10月第2金曜日、13日に開催します。)

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2017/09/02(土)
  『平和フェスティバル』 横浜市南公会堂
  第1部 講演:山口 二郎氏 (法政大学教授)
    『私たちの暮らしをみつめよう 何故、今 9条改憲なのか』
  第2部 サクソフォン&ピアノ/和太鼓/フラ/琉球舞踊/中国獅子舞
    ※チラシ(pdf)

2017/07/14 第14回文庫カフェのご案内
 テーマ:仮題 「ハワイにおける日系移民の歴史」
 ゲストスピーカー:浅沼 正和氏 (ハワイ日米協会理事)
 日頃、文庫カフェの会へのご協力に心より感謝いたします。前回第13回は、ゲストスピーカーに、資源エネルギー庁の湯本 啓市様・同畠山 陽二郎様両氏をお招きし、「福島第一原発の廃炉への取り組み」と題しお話いただきました。世界的に例のない厳しい作業(汚染水・燃料デブリ等の除去)が長期に渡ること、情報公開を徹底していく等、述べられた後に活発な質疑が交わされました。
さて、次回の内容を下記にてお知らせいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。なお、次々回は9月第2金曜日、8日に開催します。(8月は休み)

勁草塾代表理事 齋藤 勁


2017/07/05 勁草塾 講演会のご案内
 テーマ:「日中国交正常化45周年にあたり未来を語る」
 講師:中國大使館 薛 剣(せつ けん)氏 公使参事官(政治部長)
 報道記事(2017/07/07 東京新聞)
 報道記事(2017/07 タウンニュース)
 「日中関係は一衣帯水の間にある隣国であり、長い伝統的友好の歴史を有する。両国国民は両国間にこれまで存在していた不正常な状態に終止符を打つことを切望している。戦争状態の終結とは日中国交正常化という両国民の願望の実現は両国関係の歴史に新たな一頁を開くことになるだろう。」

 この文章は1972年9月28日北京で合意された日本政府と中華人民共和国政府の共同声明の一部である。以来今年で45周年を迎え来年は平和条約締結40周年にあたります。この間政府間ではなだらかな関係ではなかったこともあるものの市民、自治体、経済界等民間レベルで着実な交流が続けられてきました。この大きな節目にあたり中國大使館要職に在る方をお迎えし中国の立場から歴史、未来を語っていただきます。相互理解と交流の拡大を目指すため多くの皆様のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁


2017/06/09 第13回文庫カフェのご案内
 テーマ:仮題 「福島原発廃炉作業の現状と課題」
 ゲストスピーカー:畠山 陽二郎氏 (資源エネルギー庁電力・ガス事業部政策課長)
 ゲストスピーカー:湯本 啓一氏 (資源エネルギー庁電力・原子力発電所事故収束対策課長)
日頃の文庫カフェの会へのご協力に心より感謝いたします。前回第12回は、ゲストスピーカーにNHK解説委員安達宜正様をお迎えし「安倍政権と民進党、今後の政治は〜都議選を前に」と題し、お話いただきました。今国会に提案の重要法案をめぐる与野党の攻防、安倍首相が憲法9条の改正を打ち出したこと等、主権者である国民の確かな判断が求められると思います。
さて、次回の内容を下記にてお知らせいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。なお、次々回7月は第2金曜日、14日に開催します。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

■2017/05/02 勁草塾ブックレット-6を追加しました。
 2017年の展望を語る 2016.12.21 寺島実郎

2017/05/19 第12回文庫カフェのご案内
 テーマ:「通常国会と都議会議員選挙」
 ゲストスピーカー:安達 宜正氏 (NHK解説委員)
 日頃の文庫カフェの会へのご協力に心より感謝いたします。前回第11回は、ゲストスピーカーに財務省審議官の矢野 康治様をお迎えし「日本の財政を考える」と題し、急速に進む高齢化社会と社会保障と税の在り方・消費税等について諸外国の事例を交えてお話いただきました。財政健全化に程遠い深刻な状況を踏まえ、情報公開と国民的議論が重要であると思います。
さて、次回の内容を下記にてお知らせいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。なお、次々回6月は第2金曜日、9日に開催します。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2017/04/24 勁草塾 講演会のご案内
 テーマ:「トランプ政権と日米地位協定」
 講師:前泊 博盛 氏 (沖縄国際大学大学院教授)
 報道記事(2017/05/11 タウンニュース)
 報道記事(2017/04/27 東京新聞)
 選挙中からこれほど騒がれ就任後も注目されている大統領は珍しいのではないでしょうか。
 日本国内では先の日米首脳会談大成功の雰囲気が大勢のようですが、私たちは空気に流されず、冷静に経済・外交・安全保障政策等しっかり考えていくべき時と思います。
最も重要な二国間関係というなら、国際情勢分析そして未来に向け共に歩み補完し合うための卒直な意見交換が前提であるべきでしょう。
 しかし、両首脳が激論を回避せず真剣に語り合った様子は無く、国民の心に届くものはほとんどないように思います。日米地位協定について議論しあった形跡もありません。
このような時、講師から日米関係の歴史を踏まえ、あるべき二国間関係そして不平等条約たる日米地位協定改定にむけ語っていただきながら学び合いたいと思います。
 皆様のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁


■2016/12/26 勁草塾講演会「2017年の展望を語る」 の新聞報道を追加しました

■2016/10/07
 タウンニュース 「日本政治は危機的状況」 勁草塾講演で山口二郎氏 を掲載しました。

■2016/09/25

 東京新聞 『生前退位 こう考える』 陛下に限った立法 違和感


■2016/10/05 勁草塾ブックレット-5 パナマ文書の衝撃『グローバル・タックスが世界を変える
    上村雄彦(横浜市立大学 教授) を追加しました。

BS11『寺島実郎の未来先見塾』 ※チラシ(pdf)
 7月8日(金)より放送時間が変わりました。毎週金曜日21:00より放送開始
 『寺島実郎の未来先見塾』知的報道トーク番組に挑戦します。毎週金曜の夜に、刻々と動く一週間を総括し、次の展開を見つめる視座を提供する番組を目指します。

BS-TBS『月刊寺島文庫』知の館から考える ※チラシ(pdf)
 寺島文庫がスタートして7年。いつのまにか増えた収蔵品(お宝と我楽多)。その話を入り口に世界認識を深める番組に挑戦します。寺島実郎の問題意識の中にあるテーマを深掘りするとともに、寺島文庫の所蔵品や寺島文庫近隣の記念碑等を通じ、歴史の声を聴き、時代の構造を読み解く視座を発信します!

世界の政治・経済・社会問題の調査研究や情報提供、 多様な分野間の交流や塾・セミナー事業の展開を通じて、 今の時代を切り拓く人材の発掘・育成を図るため、一般社団法人『勁草塾』を設立しました。
微力ですが社会貢献の一助に繋がればとの思いです。
志を同じくする皆様のご参加をお待ちしています。



塾の開催

首都圏(東京・横浜)で年4回程度の政治塾を開催、うち1〜2回は、交流会併 設での実施をめざし会員間の情報交換に活かします。
政治家の発掘育成

リベラルで清新な政治家を発掘・育成するための様々な支援事業を展開します。
国際研究交流事業

諸外国のゲストによるシンポジウム開催等を通じて、グローバルな視座を提供します。
調査研究受託事業

沖縄の米軍基地再編問題など「基地と雇用問題」に国民県民の視点から取り組みます。
講師の 派遣・斡旋

政治から自治体経営まで 幅広いテーマの講師陣を全国各地のニーズに合わせ派遣します。
情報誌 などの発行

各事業の成果をフィードバックする情報誌や機関紙を発行し広く会員に問題提起します。

理 事 目取眞栄文(元全駐労執行委員長)
理 事 上林 得郎(神奈川県地方自治研究センター理事長)
理 事 黒沢 一夫(前自治労神奈川県本部委員長)
理 事 柳澤 協二(内閣官房副長官補)
理 事 千葉 信行(元神奈川新聞社取締役)
顧 問 明石 康(元国連事務総長特別代表)
顧 問 藤井 裕久(元財務大臣)
顧 問 藁科 満治(元参議院議員)