代表理事 齋藤 勁
1945年、横浜市に生まれる。
中学卒業後、横浜市役所に勤務しながら
横浜商業高等学校定時制卒業、
神奈川大学第二法学部卒業。
その後、
●横浜市議会議員 (1987年〜1995年)
●参 議 院 議 員 (1995年〜2005年)
●衆 議 院 議 員 (2009年〜2012年)
  内閣官房副長官 (2011年〜2012年)
●法政大学大学院
       客員教授(2013年〜2016年)

勁草塾


NEW!

2020_04_17  44回文庫カフェのご案内
 テーマ:「今後の政局を読む」
 ゲストスピーカー:毎日新聞専門編集委員 倉重 篤郎
 いつも大変お世話になっております。3月は「世界遺産〜理想と現実のはざまで」をテーマに、朝日新聞大阪本社の中村俊介様にゲストスピーカーをお願いししました。
極めて奥行きがある内容で、興味深く伺うことができました。
さて、次回の開催内容は以下のとおりです。皆様のご参加をお待ちしています。
なお、次々回の5月は第3金曜日の開催になります。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2020/03/05 「カジノを考える市民フォーラム」の第5回講演会「市民が決める・住民投票条例」は、3月5日に開催予定でしたが、会場の「開港記念会館」がコロナウイルス対策として、「休館」となり、中止いたしました。
同日に講演内容を動画撮影し、ユーチューブにアップいたしましたので、「カジノを考える市民フォーラム」で検索いただければ、ご覧になることが出来ます。


新型コロナウイルスの関係で諸般の状況を判断し、以下2件の催しを中止します。

■3月4日(水)勉強会「芝園団地に住んでいます」講師・大島 隆様



■3月5日(木)「カジノを考える市民フォーラム・第5回講演会」
 ただし、講演会の内容を別途ネット中継・録画して配信します。



■2020_03_18 (一社)勁草塾沖縄事務所勉強会のお知らせ
 テーマ:「沖縄スポーツによる街づくり」
 講 師:沖縄振興開発金融公庫副理事長 渡部 晶
 前回は、(−財)日本総合研究所理事長の松岡 斉様を、お招きし「全国47都道府県幸福度ランキングから沖縄を見る」をテーマに、勉強会を開催しました。自らを知る、他を知るために有意義な会となることができました。本年8月頃に改訂版が発刊されます。再び、同テーマで勉強会を予定したいと思います。
 さて、今回は改めて渡部 晶様を講師に、「沖縄スポーツによる街づくり」と題し、講演いただきます。県内は、野球・サッカーのキャンプで、盛り上がっていますが、このスポーツによる街づくり、どのようなお話が聞けるか楽しみにしたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2020_03_13  43回文庫カフェのご案内
 テーマ:「世界遺産〜理想と現実のはざまで」
 ゲストスピーカー:朝日新聞大阪本社 中村 俊介
 いつも大変お世話になっております。2月は第41回に予算・財政で財務省主計局次長の阪田渉様、第42回に税制改正で財務省主税局審議官の小野平八郎様にゲストスピーカーをお願いししました。
さて、次回の開催内容を以下ご案内することと合わせ、(一社)寺島文庫様と共催で勉強会を別途企画(添付)しました。それぞれ、皆様のご参加をお待ちしています。
なお、4月と5月は第3金曜日の開催になります。


勁草塾代表理事 齋藤 勁

中止! 2020_03_05 カジノを考える市民フォーラム・第5回講演会
  第5回講演会は成蹊大学の武田真一郎教授をお招きし、「市民が決める・住民投票条例(仮題)」と題して、お話しいただくことになりました。本「申込書」によりお申し込みください。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

中止! 2020_03_04 (一社)寺島文庫・(一社)勁草塾共催による勉強会のお知らせ
 芝園団地に住んでいます 住民の半分が外国人になったとき 何が起きるのか
 講師:朝日新聞社 大島 隆 様
  講師の大島隆さんは、テレビ東京ニュヨーク支局、朝日新聞ワシントン特派員、同社国際報道部次長.GLOBE副編集長を経て政治部次長として活躍されています。そして、今年3月中旬から再びワシントン勤務が予定されています。
今回の勉強会は、大島さんが昨年10月に「芝園団地に住んでいます」を出版されたことに伴い、あらためて著書で書かれた内容や、そこで気づかれたことなど様々語っていただこうと企画しました。
お話の後に、<ワシントンへ行ってらっしゃい1>と、ダラスを傾け細やかですが、大島さんの送別の集いにしたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加下さい。

■2020/02/06 『勁草塾NEWS2月号』を掲載しました。

■2020_02_01 勁草塾ブックレット-7 『平成30年の歩みから日本の未来を語る』を掲載しました。

2020 03 30 勁草塾講演会のご案内
 テーマ:「次の世代に伝える戦争と平和」
 講師:元内閣官房副長官補 柳沢 協二
 中東情勢は極度の緊張状態に陥っています。このような中、調査・研究と称し、オマーン湾を中心にしたホルムズ海峡周辺に、P3C哨戒機と護衛艦の派遣を閣議決定しました。加えて安倍首相の、新年早々の中東諸国訪問は有志連合のみで、そもそも、イラン危機の原因がアメリカの核合意から一方的離脱にあるにもかかわらず、的を外れた外交といえます。先には、1機単価116億円のF35戦闘機105機、総額62兆円購入やイージス・アショア配備とアメリカからの爆買いは、消費税を上げ、借金漬けの我が国にこのような無定見な我が国の外交・防衛政策は無責任そのものです。将来を若い世代に託すと思う時、強い憤りと政策転換を求めるものです。講師から、このような外交・防衛の事について、わかりやすくお話しいただきます。
多くの方々のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁


タウンニュース 2020/01/23 『カジノなしでも人は来る』

勁草塾NEWS 2020年新春号 を掲載しました。

2020_02_03 カジノを考える市民フォーラム 第4回講演会 『横浜の都市計画にカジノはNO』

勁草塾年末企画講演会 『2020年の展望を語る』 タウンニュース記事(pdf)

2020_02_21  42回文庫カフェのご案内
 テーマ:「税制改正の概要について」
 ゲストスピーカー:財務省主税局審議官 小野 平八郎
 1月20日から通常国会が始まる見通しです。我が国の財政・税制問題が世界の社会経済動向と合わせ、白熱した議論が展開される事を期待しています。そこで、2月の2回目開催として、以下ご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
さて、第43回は3月13日(金)「世界遺産〜理想と現実のはざまで」をテーマに、朝日新聞社中村俊介様がゲストです。ご予定をお願いします。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2020_02_07 41回文庫カフェのご案内
 テーマ:「新年度予算と財政問題について」
 ゲストスピーカー:財務省主計局次長 阪田 渉
 新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。前回は、「社会福祉現場からの声」と題し、連合総合政策推進局長の佐保 昌一様にゲストスピーカーをお願いしました。特別養護老人ホーム・公立保育所の第一線で働く方達があってこその福祉であると、熱くお話しいただきました。
さて、次回の開催内容を下記にて、ご案内します。皆様のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_12_06  40回文庫カフェのご案内
 テーマ:「社会福祉の現場からの声」
 ゲストスピーカー:連合中央執行委員・社会保障担当 佐保 昌一
 いつもお世話になっております前回は、「プーチンのアジアシフトと日ロ関係」と題し、神奈川大学特別招聘教授の下斗米 伸夫様にゲストスピーカーをお願いしました。PXアメリカーナの後は?中ロ同盟は可能か?プーチンロシアは、何を見ているか、冷戦終結30年のいま、様々な角度でお話しいただきました。
さて、次回は下記日程・内容にて開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、第41回は、2月7日・予算財政、第42回は2月21日・税制です。ご予定お願いします


勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_12_15 勁草塾年末企画講演会のご案内
 テーマ:「2020年の展望を語る]
 講 師:一般財団法人日本総合研究所 会長 寺島 実郎 様
 2020年は、21世紀に入り20年という一つの節目を迎えます。この間、世界が求めてきた平和・自由・平等・連帯そして民主主義は定着してきているのでしょうか?むしろ国際社会は逆行している感じすらします。
 一方、我が国の政治は長期政権が続き、平成から令和と変わる中、参議院選挙が行われました。主権者たる国民の意思はどう表れたのでしょうか。日本社会全体に民主主義を育て鍛えて行くという、熱い思いが満ちてくることが重要と思います。今年も、年末恒例の講演会に超ご多忙の寺島実郎氏に講師をお願いしました。私たち自身が学ぶべき観点について、様々な角度から語っていただきます。多くの方々のご参加をお待ちしています。
勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_11_19 (一財)日本総合研究所 松岡 斉 理事長を囲む勉強会(ご案内)

 前回は、沖縄振興開発金融公庫副理事長の渡部晶さんを囲み、「魅せる沖縄」の今後〜沖縄経済の現況を踏まえて、と題し勉強会を開催しました。
 各種産業経済調査の数値から分析し、様々な課題を指摘していただき、有意義
な意見交換を行うことができました。
 今回は、2012年度から発行され、逐次指標を検討し深化させてきた「47都道府県幸福度ランキング」を監修している(一財)日本総合研究所より松岡理事長が来られ、その内容を語っていただきます。<地域の幸福度を高める議論の触媒となり、地域課題の解決に向けた様々なアクションが全国の各地域で生まれる一助となれば幸である。>2018年版まえがきより<抜粋>
 全国の多くの自治体は、この毎年発行されるランキングに強い関心を持ち、政策づくりにむけ参考にされています。
 自らを知る、他を知るためにも、是非活用していただきたいと思います。ご多忙中と思いますが、多くの方々のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁


2019_11_15 第39回文庫カフェのご案内
 テーマ:「プーチンのアジアシフトと日ロ関係」
 ゲストスピーカー:神奈川大学特別招聘教授 下斗米 伸夫
 いつもお世話になっております前回は、「図で見れば世界が見える〜日本と中・台・韓・朝の歴史教科書比較からみえることを中心に〜と題し、多摩大学特任教授の久恒啓一様にゲストスピーカーをお願いしました。多摩大学鳥瞰図絵から始まり、歴史・経済を図で見る、そしてアジア各国の教科書の記述を図で見るとして、大変分かりやすいお話でした。
 さて、次回は下記日程・内容にて開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回第40回は、12月6日です。ご予定お願いします。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_11_14 キャンパス・アジア事業の持続、発展、拡大に向けての集い(ご案内)
相次ぐ大型台風の影響で被災に合われた方々、地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。今夏の、参議院選挙後初の国会開会中で議員各位の皆様には、日々の活動に敬意を表します。
さて、ご承知の通り標記事業は、2011年度より日・中・韓の三か国の大学が共同で実施され、多くの卒業生を輩出してきました。パイロット事業から本格実施、そしてアジアへ拡大と歩もうとしている事業を再認識し、未来のアジアを担う若者を育成するため、英知を傾けようではありませんか。そのような意味で、当初から、本事業に携わって来られた、寺島実郎氏の講演、そして卒業生からの声を聞く集いを開催いたします。
ご多忙中と思いますが、衆議院議員・参議院議員、各議員事務所の皆様のご参加を、よろしくお願いいたします。なお、一般市民の方々にも、ご案内しています。

2019_11_30 『カジノを考える市民フォーラム』の結成と第1回講演会のお知らせ
 「カジノを考える市民フォーラム」の結成と第1回講演会のお知らせ
私たち三団体(一般社団法人勁草塾・横浜地方自治研究センター・生活クラブ運動グループ・横浜未来アクションl仮称])は、10月8日◎市民主権の立場から、横浜市の行財政等を学び、今回の誘致について市民一人一人と共に考え行動していくための場づくり、◎カジノについて市民の抱いている多くの疑問について、市民の力で情報を「集める」「共有する」「考える」「提案する」ことが必要であり、そのための場づくり、を目的として、「カジノを考える市民フォーラム〜市民によるカジノ問題情報交流ひろば〜」を結成いたしました。
取り組みの基本としては、(1)カジノ問題の学習会・フォーラムの開催、(2)意見広告や「横浜市への提言」など具体化してまいりたいと考えています。

つきましては、以下の日程で第1回講演会を開催いたします。当日は、山下ふ頭内の横浜港運会館の会議室をお借りして開催いたします。ここにお知らせいたします。


2019_10_11 第38回文庫カフェのご案内
 テーマ:〜図で見れば、世界が見える〜「日本と中・韓・朝の歴史教科書比較から見えることを中心に」
 ゲストスピーカー:多摩大学大学院教授 久恒 啓一
 いつも有難うございます。前回は、「東日本大震災の教訓と地域の持続性」と題し、神奈川大学教授の佐藤孝治様にゲストスピーカーをお願いしました。空撮映像による被災地の現況と課題、台風15号被害についても触れていただきました。
 さて、次回は下記日程・内容にて開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回第39回は、11月15日です。ご予定お願いします。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_09_18 渡部 晶さんを囲む勉強会のご案内
 テーマ:「魅せる沖縄」の今後〜沖縄経済の現況を踏まえて
 ゲストスピーカー:沖縄振興開発金融公庫副理事長 渡部 晶
 このたび、(一社)勁草塾沖縄事務所は、標記著者の渡部晶さんを招き、この論考について語っていただきます。沖縄をしっかりみつめ、沖縄経済をより強く確かなものとしていくための、学ぶ場の一助として、下記により勉強会を開催します。ご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁


■2019/08/13 勁草塾講演会等の映像Linkを追加しました。

SaveOurOkinawa でネット中継&配信を行っています。
2019/06/27 菅XS望月から見えた政治とメディアの課題
2019/06/13 平成30年の歩みから  日本の未来を語る
2019/05/29 鼎談・日米地位協定改定を加速させる集い


2019_09_20 特別講演会ご案内
 テーマ:「心のしくみと幸せの条件]
 講 師:薬師寺副執事長 大谷 徹奘 様
 一般社団法人勁草塾を設立し、早いもので5周年を迎えました。この間、都内・神奈川・沖縄を中心に様々活動を続けてこられたのも、多くの方々のご支援とご協力によるものと思います。心より御礼申し上げます。
今回、上記にてご案内しますのは、塾開設5周年を記念し、世界遺産・法相宗大本山薬師寺副執事長の大谷徹奘様をお迎えしての講演会です。プロフィールにありますように、大谷様は高田好胤住職に師事、以来東日本大震災による被災地を含め全国各地へ精力的に法話行脚を続けてこられています。熱く語られるお話は、聞かれた方々の心に届けられ、日々の生活の一助に繋げられています。この度、ご縁があり、幾度かお会いする機会があり、横浜での講演会に来ていただくことになりました。
社会の中で、与えられた境遇と自らの力で、自分はどう生きるのか、生きたいのかを、問い返す意味で、多くの示唆をいただけると思います。多くの方々のご参加をお待ちしています。
勁草塾代表理事 齋藤 勁


2019_09_13 第37回文庫カフェのご案内
 テーマ:「東日本大震災の教訓と地域の持続性]−空撮映像と分野横断的な知見の体系化からの試論―
 ゲストスピーカー:神奈川大学経済学部教授 佐藤 孝治
 暑中お見舞い申し上げます。前回は、「農福連携の取り組みについて」と題し、JA共済総合研究所の濱田健司様にゲストスピーカーをお願いしました。農家、農業法人、林業等の作業に障がい者が従事している全国の事例を紹介いただきました。今後は、担い手不足・労働力不足を補うため、生活困窮者・ニート・引きこもりの活躍が期待されると熱く語られました。
さて、次回は下記日程・内容にて開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回第38回は、10月11日です。ご予定お願いします。
勁草塾代表理事 齋藤 勁


2019_07_15 第36回文庫カフェのご案内
 テーマ:[農福連携の取り組みについてり]
 ゲストスピーカー:JA共済総合研究所・主任研究員 濱田 健司
 いつも大変お世話になっております。次回のご案内をさせていただきます。前回は、「隣国としての韓国とどう接するか〜北東アジアの和解による未完の日本国憲法を補完する〜」と題し、弁護士の内田 雅敏様にゲストスピーカーをお願いしました。植民地支配の清算・元徴用工問題和解への模索・日中関係・歴代政権の歴史認識等話され、参加者から活発な質問がありました。
さて、次回は下記日程で開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回の第36回は第2金曜日の7月12日(金)に開催します。よろしくお願いします。
勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_06_26 「菅XS望月から見えた政治とメディアの課題」

「菅XS望月から見えた政治とメディアの課題」

 演題の菅氏とは、菅内閣官房長官であり、望月氏とは、東京新聞社の望月衣塑子記者です。内容は、個人的関係を問うわけでなく、官邸で、平日午前・午後定例記者会見の質疑が行われてきた中で、重大な問題が起きている ! ということを指す意味です。国民の知る権利、報道の自由が脅かされていないか ?メ ディアへの圧力ではないか ?そして自らがジャーナリストの一員として、さらに労働組合の委員長としての立場から鋭く語っていただきます。私達も、主権者として今、起きていることに重大な関心を持とうではありませんか。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_06_12 平成30年の歩みから  日本の未来を語る

報道記事 ■沖縄タイムズ 琉球新報

平成30年の歩みから  日本の未来を語る

平成(1989年)30年を世界の潮流から、アジアそして日本の歩みをしっかり見つめていくことが、令和という新たな時代を歩む意味で、極めて重要と思います。そこで、一般社団法人勁草塾を開設し満5周年記念として、下記の著名な方々によりご講演いただくことにしました。国会開会中の多忙な時期と存じますが、衆議院・参議院の議員諸氏の皆様のご参加をいただければ幸いです。なお、一般市民の方々にも、席数の可能な限り参加を呼びかけます。

勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_06_14 第35回文庫カフェのご案内
 テーマ:仮題[トランプ大統領再選への道のり]
 ゲストスピーカー:早稲田大学教授 中林 美恵子
 いつも大変お世話になっております。次回のご案内をさせていただきます。前回は、「隣国としての韓国とどう接するか〜北東アジアの和解による未完の日本国憲法を補完する〜」と題し、弁護士の内田 雅敏様にゲストスピーカーをお願いしました。植民地支配の清算・元徴用工問題和解への模索・日中関係・歴代政権の歴史認識等話され、参加者から活発な質問がありました。
さて、次回は下記日程で開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回の第36回は第2金曜日の7月12日(金)に開催します。よろしくお願いします。
勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019/05/29 第3回・勁草塾沖縄事務所の催しのご案内
※報道 沖縄タイムス  琉球新報


池田竹州(県知事公室長) 前泊博盛(沖縄国際大学大学院教授)

太田昌克(共同通信社編集委員)の三氏による

鼎談・日米地位協定改定を加速させる集い


昨年、全国知事会は「日米地位協定を抜本的に見直す」等を求める内容の、「米軍基地負担に関する提言」を全会一致で採択しました。米軍基地が存在する県で構成する渉外知事会の多年の努力の結果てあり、その中核的役割を担ったのが沖縄県の取り組みでした。沖縄県は先のイタリア・ドイツに続き、英国・ベルギーの調査結果を加え報告書をまとめました。この「他国地位協定調査報告書(欧州編)」によれば、いかに我が国民が無視され続けてきたのが明らかです。そこで、更に日米地位協定改定の取り組みを加速させるため、下記によリ県の担当責任者・マスコミ・研究者による鼎談を開催します。多くの方々のご参加をお待ちしています。
勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_05_17 第34回文庫カフェのご案内
 テーマ:元・徴用工問題解決に向けての考察
 ゲストスピーカー:弁護士 内田 雅敏
 いつも大変お世話になっております。次回のご案内をさせていただきます。前回は、「不惑の年を迎えた中国経済の行方」と題し、多摩大学経営情報学部教授のバートル様にゲストスピーカーをお願いしました。中国にとって節目である2021年・2025年・2030年・2049年の課題への対応等話され、参加者から活発な質問がありました。
 さて、次回は下記日程で開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回の第35回は第2金曜日の6月14日(金)に開催します。よろしくお願いします。
勁草塾代表理事 齋藤 勁

2019_04_19 第33回文庫カフェのご案内
 テーマ:不惑の年を迎えた中国経済の行方 〜2021年・2025年・2030年・2049年
 ゲストスピーカー:多摩大学経営情報学部教授 バートル
 いつも大変お世話になっております。次回のご案内をさせていただきます。前回は、「平成31年度税制改正の概要について」財務省主税局審議官の小野平八郎様にゲストスピーカーをお願いしました。経済社会の現状・消費税率引き上げへの対応・電子経済の課税上の課題への対応等話され、参加者から活発な質問がありました。
 さて、次回は下記日程で文庫カフェの会を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。なお、次々回の第34回は第三金曜日の5月17日(金)に開催します。6月から、第二金曜日開催です。よろしくお願いします。


勁草塾代表理事 齋藤 勁


BS11『寺島実郎の未来先見塾』 ※チラシ(pdf)
 7月8日(金)より放送時間が変わりました。毎週金曜日21:00より放送開始
 『寺島実郎の未来先見塾』知的報道トーク番組に挑戦します。毎週金曜の夜に、刻々と動く一週間を総括し、次の展開を見つめる視座を提供する番組を目指します。

BS-TBS『月刊寺島文庫』知の館から考える ※チラシ(pdf)
 寺島文庫がスタートして7年。いつのまにか増えた収蔵品(お宝と我楽多)。その話を入り口に世界認識を深める番組に挑戦します。寺島実郎の問題意識の中にあるテーマを深掘りするとともに、寺島文庫の所蔵品や寺島文庫近隣の記念碑等を通じ、歴史の声を聴き、時代の構造を読み解く視座を発信します!


世界の政治・経済・社会問題の調査研究や情報提供、 多様な分野間の交流や塾・セミナー事業の展開を通じて、 今の時代を切り拓く人材の発掘・育成を図るため、一般社団法人『勁草塾』を設立しました。
微力ですが社会貢献の一助に繋がればとの思いです。
志を同じくする皆様のご参加をお待ちしています。





塾の開催

首都圏(東京・横浜)で年4回程度の政治塾を開催、うち1〜2回は、交流会併 設での実施をめざし会員間の情報交換に活かします。
政治家の発掘育成

リベラルで清新な政治家を発掘・育成するための様々な支援事業を展開します。
国際研究交流事業

諸外国のゲストによるシンポジウム開催等を通じて、グローバルな視座を提供します。
調査研究受託事業

沖縄の米軍基地再編問題など「基地と雇用問題」に国民県民の視点から取り組みます。
講師の 派遣・斡旋

政治から自治体経営まで 幅広いテーマの講師陣を全国各地のニーズに合わせ派遣します。
情報誌 などの発行

各事業の成果をフィードバックする情報誌や機関紙を発行し広く会員に問題提起します。

理 事 目取眞栄文(元全駐労執行委員長)
理 事 上林 得郎(神奈川県地方自治研究センター理事長)
理 事 黒沢 一夫(前自治労神奈川県本部委員長)
理 事 柳澤 協二(内閣官房副長官補)
理 事 千葉 信行(元神奈川新聞社取締役)
顧 問 明石 康(元国連事務総長特別代表)
顧 問 藤井 裕久(元財務大臣)
顧 問 藁科 満治(元参議院議員)