ブックレット-3 戦後70年から未来を創る

佐藤 優 (元外務省主任分析官) 2015/06/22




2016年2月1日発行
《講演講師プロフィール》
佐藤優(さとうまさる)
元外交官、作家。東京都生まれ。
ノンキャリアの専門職員として外務省に入省。
ロシア情報収集・分析のエキスパートとして活躍し、
「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとった。
同志社大学神学部卒業、同大学院神学研究科修士課程修了。神学修士。
2002年5月、背任容疑で逮捕。同年7月、偽計業務妨害容疑で再逮捕。
無罪を主張するが1審で有罪判決、2審で控訴棄却、2009年6月30日
上告棄却。懲役刑(執行猶予4年)が確定したため同日付で外務省職員
を失職する。2013年6月30日執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが
効力を失った。
1審判決後、事件の内幕や背景などをつづった著書『国家の罠』を出版する
(第5回新潮ドキュメント賞受賞)

第38回大宅壮一ノンフィクション賞
第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞